気にせず書きまくるブログ

40代独身。人生に行き詰った男が、いろんなことを気にせずにとにかく思ったことを書きまくります。アクセスを集めるには?とか、読みやすいブログにするには?とかいろいろ考えながら書いてみた時期もありましたが、すぐに続かなくなりました。なのでそういうことを考えず、とりあえず書きたいことを書いてみるとどうなるかな・・・という実験です。

コンサドーレの開幕戦、駒井の怪我と都倉の移籍が痛すぎた。おまけに、ベルマーレの戦い方には良い季節。そりゃあ負けるよ・・・な愚痴

2019年Jリーグ開幕戦。

 

コンサドーレベルマーレに0-2で敗戦。

 

「やっぱ駒井いないとだめかー」

とか

「都倉ってすごかったんだー」

 

というのを感じた試合。

 

そして、うまくベルマーレの術中にハマった感じ。

 

ベルマーレといえば、運動量、ハイプレス。

 

だけど、前半はあまりプレスに来ないで引いて守ってました。

 

圧倒的にコンサドーレが押していたと思います。

 

・・・ただ、決定的なシーンって少なかったんですよね。

 

最後のところは止められていました。

 

駒井がいないとか、アンデルソン・ロペスがまだフィットしていないとか、右サイドが守備重視の早坂だった・・・とかいろいろ理由はありますが。

 

そして後半、ベルマーレがプレスに来ます。

 

もうどうしようもなかったですね。

 

プレスをかわせず、不十分な体制からロングボールを蹴りますが、セカンドボールを拾えません。

 

奪われてはカウンターの繰り返し。

 

そんな中での混戦から1点目を取られてしまいます。

 

駒井がいれば・・・右サイドでも、中盤でも、直線的に来るプレスをいなして、落ち着かせたり、相手に精神的にダメージを与えたりできます。

 

都倉がいれば、ジェイに集中していたマークが分散して、全線でキープできるようになり、そもそも、セカンドボールになるのが減ります。

 

それでも、去年までは後半の終盤はコンサドーレのペースになることが多かったです。

 

ただ、ベルマーレは前半プレスにいかずに我慢したことで体力が残っていました。

 

結果的に最後まで体力が持ちました。

 

コンサドーレも後半、選手交代で一時流れを引き寄せましたが、得点まではできず、終了間際にカウンターから二失点目、勝負が決まってしまいました。

 

勝負に「たら・れば」は禁物とはいいますが、この場では好きなように書いてしまいます。

 

駒井がいれば・・・ベルマーレのプレスをもっとかわせた。

都倉がいれば・・・苦し紛れのロングボールでもキープしてくれて、ベルマーレの流れの時間がもう少し減ったかも。もちろん、得点もとってくれたかも。

夏の暑い時期なら・・・ベルマーレのプレスがもたなかったかも。

 

都倉はC大阪で大活躍でしたね・・・。

駒井、なんと半月板損傷。シーズン後半まで復帰は無理とのこと。

 

そして、ペトロビッチのサッカーは対策されると結構厳しい。

 

去年4位なので、強いイメージがあるが、もともとはJ2常連のチーム。

 

・・・ということを考えると、今年は残留争いかもなーと思ってしまう開幕戦でした。

 

そして、後半、駒井が復活してかろうじて残留・・・というシナリオ。

 

 

まあ、去年も残留争いっていう予想は外れてるので、自分の予想が外れるのをいのるのみです。

 

そういえば、レンタル延長断った三好が活躍してたみたいですね。

・・・それも痛い。

 

でも、野々村社長は長期的に見てレンタル延長しないというのを決断したわけだし、都倉が出るって決まってから鈴木武蔵を取ったりと、きちんと対応はできている。

 

ということで、あきらめるでもなく、期待しすぎるでもなく、

コンサドーレを応援していきます。

 

といいつつ、次はレッズかー

まあ、ツートップに挑戦してて、まだかみ合ってなさそうなところが救いだと思いたいですけど。